ビルメン4点セットとは?

LINEで送る
Pocket

toshokan_benkyouネットのビルメン関連の掲示板の書き込みを見ていると頻繁に「4点」という言葉が見られます。この「4点」とは何を指すかというと設備管理に関する資格である「危険物乙種4類」「二種電気工事士」「2級ボイラー技士」「三種冷凍機械責任者」の4つの資格を指して「ビルメン4点セット」「4点セット」「4点」などと呼ばれています。

ビル管理の現場では発電機の燃料に軽油等の危険物4類に分類される危険物を扱うので「危険物乙種4類」の免状を持っていると就職活動時に有利とされています。
他の資格も「二種電気工事士」はビル管理に欠かせない制御盤や分電・動力盤を扱う基本的な知識を学ぶことができ、他にもコンセントの故障など簡単な電気関連の補修時に必要になります。

 

ボイラーや冷凍機械のある現場では「2級ボイラー技士」「三種冷凍機械責任者」の資格を持っていると採用率が上がると言われています。冷凍機械は三種も二種も難易度があまり変わらないので「二種冷凍機械責任者」の免状を取得するのもいいでしょう。

 

実際の現場ではビル内にはボイラーや冷凍機械が設置されておらず、地域冷暖房を利用しているビルが多いですが、就職活動時に設備管理に関わるやる気や前向きな気持ちをアピールするためには「4点セット」は有効な資格だと言えます。
4点セット以上の設備管理上位資格とは?
設備管理の企業に就職するために4点セットは非常に有効ですが、設備管理員として入社後にステップアップするために目指すべき更なる上位資格が存在します。代表的な資格が通称ビル管と呼ばれる「建築物環境衛生管理技術者」、もう一つが通称電験と呼ばれる「第三種電気主任技術者」の2つです。

「建築物環境衛生管理技術者」は受験資格として2年の実務経験が必要なので未経験者は受験することはできませんが、この資格を持っていると実務経験の証明になるので、設備管理会社への転職には非常に有利になる資格です。

「第三種電気主任技術者」は試験範囲が広く難易度も高い資格ですが、この資格さえ取ってしまえば、設備管理会社への就職は非常に有利になる強力な資格です。

設備管理系の資格取得に関しては、就職前には「4点セット」を目標にして、就職後は実務経験を積み、ビル管と電験の取得を目標にすると良いでしょう。

ただし、資格取得を優先するあまり、資格取得に時間を費やし、就職活動を疎かにすることはお勧めしません。就職できるなら先に就職し4点を取得する方が良いです。資格はあくまでも就職活動における補助的な役割です。

もっとも優先すべきは何の仕事でも同じですが「実務経験」です。設備管理の現場で経験を積み、設備に関する実務で必要な知識、トラブルの1次対応ができるかなどが何よりも重要です。これに勝る資格はありません。