ビルメン就職に有利な職歴とは?

LINEで送る
Pocket

eigyouビルメンに就職する時に有利な職歴があります。ビルメンは何かと資格取得が話題になりますが、実際の現場ではただ資格を取っただけの人は知識に関しても、技術に関しても仕事に役立つだけのレベルには達していない場合が多いです。資格を取る短期間だけ勉強し、合格した後は勉強には丸で手を付けていない人が大半なので、これは仕方の無いことかもしれません。
 
 




 
 
 
それに比べて仕事で日々知識と経験を磨いていた人達のレベルは非常に高いものです。短期間の勉強になりがちな資格の勉強に比べて数年数十年と蓄積されたスキルは現場でも即役立つレベルに達しているからです。
 
それではビルメンの現場で重宝される職歴を挙げていきます。
 
 

電気工事士

 
ビルメンで有利な職歴の鉄板職業が「電気工事士」です。建築物を管理する上で電気に関する知識は欠かすことができません。前職が電気工事士というだけで職場でも、その存在感をアピールできるほどです。しかし、前職が電気工事士という人は、そこそこ現場を経験している私でも1人しか会った事がありません。収入的には電気工事士の方が上なので、敢えて電気工事士からビルメンに転職する人は少ないという事でしょう。
 
 
 

営業

 
意外かもしれませんが、ビルメンに就職するために有利な職歴で「営業」が入ります。他のページでも触れていますが、ビルメンの仕事の基本はオーナーやテナントに適切且つ快適な管理を提供するサービス業なのです。
 
 
対人スキルを要求される場面も多々あります。そのようなコミュニケーション能力が必要な仕事に向いているのが「営業」出身の人なのです。私の勤める会社では40過ぎて元営業で入社した人が、3年後には現場の責任者にまで出世していた人がいました。特に系列と系列の下請けでは事務仕事が業務の中心になるので、営業出身者は重宝されるのです。
 




 
 
「営業のノルマがきついので、もう少し精神的に余裕のある仕事がしたい。」という理由でビルメンを志望する元営業職の人は結構見受けられますね。
 
 
 

空調・消防設備士

 
ビルの管理にあたり、空調と消防設備も欠かすことができません。電気工事士や営業ほどではありませんが、前職が空調のメンテナンスであったり、消防設備士である事も設備管理の仕事に就職するのに有利な職歴と言えます。
 
 
 

警備員

 
警備員はビルメンと業務内容が被ったり似通っている部分があるので、警備員も有利と言えます。現場に寄っては警備員がビルメンの仕事を兼務したり、ビルメンが警備員の仕事を兼務するというケースもあります。仕事の基本がどちらも建築物の巡回なので、前職が警備員であれば抵抗なくビルメンの仕事に入りやすいという面もありますね。
 
 




 
 

こんな記事もあります。

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて3内定から勤務日までの準備と心構えについて3

    ビルメンになる上でコミュニケーション能力がいかに大切かを前頁で述べましたが、今回は具体的に身につけておいた方が知識やスキルについて記述しようと思います。まずは、基本中の基 […]

  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • 独立系と系列系の違いについて独立系と系列系の違いについて
     
     
    ネットの掲示板などでよく「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」などという言葉を目にするでことでしょう。この「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」と […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2 多機能ツール
    多機能ツールは十徳ナイフ的な道具ですね。ポケットに入れてちょっとしたネジを回したい、ちょっとしたものを切りたいという時に持っているとべんりです。本格的な作業時は備 […]

ビルメンの職種はサービス業だという意味

LINEで送る
Pocket

ninsikiこれからビルメン業界に就職をしたいという多くの方が「ビルメンメンテナンス・設備管理」という仕事がどのような業務内容なのかという事を勘違いしているケースが非常に多いようなので、そのビルメンに対する先入観の誤りについて説明していきたいと思います。
 
 




 
 
 

ビルメンはサービス業

 
まず、大前提としてビルメンはサービス業です。この大前提をよく理解していないで、ビルメンに転職を希望される方が多く、いざ勤務が始まり戸惑ってしまうような場合がよくあります。
 
 
どういうことかと言うと、ビルメンの業務を検針や巡回、一時対応や設備の故障の修繕など主に機械と向き合う仕事であるという印象を持っている方が多いという事です。
 
 
もちろん、それらもビルメンの大切な仕事の一部であり、全てが間違っているとは言えません。しかし、基本はサービス業です。ビルのオーナーさんや、ビルのテナントさん、ビルのテナントを利用するお客さんに対して、ビルの適切で快適な管理を提供することで、テナントを利用するお客さんからテナントさん、テナントさんから賃貸料としてオーナーさんにお金が流れ、オーナーさんからビルメン会社に流れ、お給料を貰う仕事であるという事です。
 
 

接客の機会が多い仕事であるということ

 
ビルメンという仕事は上記のように、オーナーさんとのやり取り、テナントさんとのやり取り、テナントを利用するお客さんとのやり取り、元請けの会社がある現場では元請けの社員さんとのやり取りも必要になる、対人スキルを要求される場面の多い仕事なのです。
 
 
現場にも寄りますが、ただ黙々と機会と向き合い1日作業をこなすなどという仕事では全くないということです。そういう仕事が向いてると思う方は、工場系の仕事の方がより快適に勤務できるのではないでしょうか。
 
 
ビルメンはオーナー、テナント、テナントの利用者の間に入る調整役のような仕事です。工事が入れば協力会社との打ち合わせもします。特に系列会社は現場の作業よりも事務仕事が中心となるので、ほとんどの業務が協力会社とオーナーとのやり取りとなります。
 
 
ビルメン会社に就職したものの、入社前にイメージしていた業務内容と全く違っていて退職していってしまう方も少なくありません。そうならない為にも「ビルメンはサービス業」であるという事を忘れないでください。
 
 




 
 
 

コミュニケーション能力に自信が無いがビルメンになりたいという場合

 
設備管理関係の資格を取得し、ビルメン会社に就職しようとしたが対人スキルに自信がない、就職してみたがやっぱりコミュニケーション能力が足りずに退職してしまったという方もおられるでしょう。
 
 
そういう方は常駐ではなく「巡回」ビルメンを目指しましょう。巡回を主な業務としているビルメンは、1日の内に数か所のビルを周り、検針・巡回や故障個所の修理、管球交換などを行います。オーナーやテナント、協力会社との接触は常駐ビルメンに比べて少なくて済みます。
 
 
他の方法として、「夜勤務」の時間帯を選択するという方法もあります。17時出勤というような勤務形態では、日勤の社員は17~18時で帰ってしまいます。オーナーや協力会社との打ち合わせなどは日勤の社員が担当しているので、夜勤務の社員はそれらの仕事をする必要はありません。
 
 
協力会社もオーナーも退社する時間なので電話も滅多にはかかってきません。夜勤務は人と関わる機会が少なくして、ビルメンの仕事をできるシフトと言えます。
 
 

「巡回」と「夜勤務」のメリットとデメリット

 
当然同僚はいるので人間関係が全く無いという訳ではありませんが、コミュニケーション能力に自信がなく、尚且つビルメンの仕事がしたいという方は巡回ビルメンや、勤務時間が夜勤務の求人募集を選んで就職を目指すのも一つの方法だと言えます。
 
 
巡回と夜勤務のメリットは、対人スキルを要求される場面が常駐ビルメンに比べて少なくなるという事です。逆にデメリットとしては巡回ビルメンは1日に数か所のビルを回るので「運動量が非常に多い」という事を覚悟しておきましょう。
 
 
都心の繁華街などでは1日に数人の作業員で50か所を巡回するという現場もあります。巡回ビルメン志望の場合は、勤務に向けてウォーキングで体を慣らしておくのもいいでしょう。
 
 
夜勤務のデメリットは泊まりがある割に、日勤が無い分、常駐と比べて出勤日数が多くなる事と、常駐の勤務と違い宿直手当が付かない場合が多いという事です。
 
 
巡回と夜勤務のメリット・デメリットをよく比較した上で就職活動の参考としてくだされば幸いです。
 
 




 
 

こんな記事もあります。

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて3内定から勤務日までの準備と心構えについて3

    ビルメンになる上でコミュニケーション能力がいかに大切かを前頁で述べましたが、今回は具体的に身につけておいた方が知識やスキルについて記述しようと思います。まずは、基本中の基 […]

  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • 独立系と系列系の違いについて独立系と系列系の違いについて
     
     
    ネットの掲示板などでよく「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」などという言葉を目にするでことでしょう。この「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」と […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2 多機能ツール
    多機能ツールは十徳ナイフ的な道具ですね。ポケットに入れてちょっとしたネジを回したい、ちょっとしたものを切りたいという時に持っているとべんりです。本格的な作業時は備 […]

内定から勤務日までの準備と心構えについて3

LINEで送る
Pocket

naitei3

ビルメンになる上でコミュニケーション能力がいかに大切かを前頁で述べましたが、今回は具体的に身につけておいた方が知識やスキルについて記述しようと思います。まずは、基本中の基本ですが、設備管理に関する参考書を一冊は読み込んでおくことをおすすめします。
 
 




 
 
図解が多用され、理解しやすい入門者向けのもので結構です。より専門的なものは初心者には取っつきづらいので、書店で手に取ってみて難解でない参考書を選びましょう。
 
 
「設備については仕事をしながら覚えればいい。」というように考える方もいるかもしれませんが、全くの未経験者にとっては設備管理は覚えなくてはならない知識が非常に多いので、その負担を少しでも減らすために、勤務が始まる前の予備知識として設備についての基本的な知識を学んでおく事が望ましいです。
 
 
勤務開始後も休憩中に参考書を読んでいれば、先輩方にも仕事に対する前向きさをアピールする事にもなり、知識も得られ一石二鳥です。ぜひ、設備管理に関する参考書は1冊は事前に用意しておきましょう。
 
 




 
 
 
ワード・エクセルについて
 
ビルメンの基本的な仕事として検針という業務があります。検針は、制御盤やボイラー等で記録を取った数値を記録簿に記述していく作業なのですが、この記録した数値をパソコンに入力する作業があります。
 
 
そのパソコンに入力する際に使われるソフトがマイクロソフトのエクセルです。ビルメンの仕事にはこのエクセルでの操作は、ほぼ必須です。求人応募の際にも「ワード・エクセルの基本操作」という条件が付いてる求人もよく見かけるので、前職でワード・エクセルの操作の経験の無い方はワードとエクセルについても参考書を買って基本操作は覚えておいた方が、スムーズに仕事を進めることができます。
 
 
 
電話対応のマナーに関して
ビルメンの新人は他の作業ができないだけに、電話対応を主にやらされる確率が高いです。前職で事務や営業をしていた方は問題ないでしょうが、工場や作業員など主にブルーカラーであった方々は電話対応をやらされて戸惑う人が多いです。
 
 
私が新人で入った現場は1日に10~20回は電話に出るのが普通でした。聞いたこともない協力会社から、聞いた事も無い作業について問い合わせがあったりするので、慣れない内は四苦八苦してしまうでしょう。
 
 
現場や勤務の時間帯にも寄るでしょうが、電話対応が全くないということはビルメンの仕事の性質上ありませんので、電話対応に自信が無い方は電話対応のマナー本を買うか、ネットで検索等して事前に電話対応の知識を身につけておきましょう。
 
 
始めは慣れないでしょうが、経験を積む内に掛かってくる電話の相手の声も覚え、どの部署の人か、どの協力会社の人か声だけでもわかるようになりるので、慌てず落ち着いて対応するように心がけましょう。
 
 
 
社会人のマナーについて
社会人のマナーについては、これも電話対応と同じく事務系や営業など前職で経験のある方は必要ありませんが、工場や作業員系の仕事をしていた人は必要になるかもしれません。
 
 
ビルメンはサービス業なので、協力会社やテナントのお客さん、ビルのオーナーから、元請けの社員さんなど、とにかく人と接する機会が非常に多いので、最低限のマナーは学んでおいた方が無難です。
 
 
「あの新人はこんな常識もマナーも知らないのか?」と言いたい先輩方が必ずいるので、隙はできるだけ見せないようにした方が得策です。
 
 




 
 

こんな記事もあります。

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて2内定から勤務日までの準備と心構えについて2
    それでは、勤務が始まって入社間もない右も左もわからないキツイ時期を乗り越えるにはどうしたら良いのでしょうか?職場がキツク感じる理由は主に「仕事がわからないこと」と仕事ができな […]
  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて1内定から勤務日までの準備と心構えについて1
    精神的にもキツく困難な就職活動を勝ち抜き内定を貰っても浮かれてばかりいてはいけません。ビルメン業界は入ることは他の業界よりもハードルは低いかもしれません。中高年の未経験者でも […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • ビルメン業界の最近の傾向についてビルメン業界の最近の傾向について
    ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由か […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]

内定から勤務日までの準備と心構えについて2

LINEで送る
Pocket

C789_mbawosawarute500-thumb-750x500-2400
それでは、勤務が始まって入社間もない右も左もわからないキツイ時期を乗り越えるにはどうしたら良いのでしょうか?職場がキツク感じる理由は主に「仕事がわからないこと」と仕事ができないことを理由として「同僚に厳しい態度を取られる事」の2つです。未経験の業界に入れば、どの業界でもありうる事でしょうが、ビルメンは巡回以外のほとんどが待機であり、常駐であれば一日中監視室や防災センターに缶詰状態になっている仕事であり、工場のように一人で黙々と作業を続けるような事は無いので、その対人関係もあってキツク感じる時間が非常に長いのです。
 
 
Sponsored Links




 
 
この難局を乗り切るには、この2つの「仕事がわからないこと」「同僚に厳しい態度を取られる事」仕事をキツク感じる理由を回避するにはどうすればいいのか考えれば対処することは可能です。
 
 
 
とにかく積極的に
 
対処としてはあらゆる場面で「積極的」に動くことです。具体的には、仕事の流れや暗記しなくてはいけない部分はすぐにメモを取りましょう。メモでは覚えることが多い事で後から見た時にわからなくなってしまうので、スマホで写真を撮って取った画像に文字を書き込んでわかりやすく覚えられるようにしてもいいでしょう。1日でも1時間でも早く仕事を覚えてしまうくらいの意気込みで仕事に臨むことです。
 
 
そして、同僚にやる気を見せる事も大切です。指示されるまでボケっとしていてはすぐに先輩方に睨まれてしまいます。時間が余るようなら、詰所のどこにどんな道具があるか、どこにどんな資料があるかなど、掃除や道具の整理整頓をするなど余った時間でも積極的に学ぶ姿勢をアピールすることが大事です。
 
 
大規模施設はどこにどんな部屋と設備があるのかを覚えることが大変なので、余った時間に見て回って良いか許可を取り、建築物の部屋と設備の位置関係はできるだけ早く覚えてしまいましょう。何度か一緒に巡回したのにまだ位置関係すら覚えていないのかと、先輩に思われることは避けたいところです。
 
 
Sponsored Links




 
 
ビルメンはコミュニケーション能力も非常に大事です。同じ詰所に1日一緒にいる訳ですから、黙っていては気まずい時間がより多くなって人間関係にも悪影響を及ぼします。新人で入社したら積極的に話しかけ、ミスや失敗をしてしまった時はフォローしてくれるように仲の良い同僚が居れば精神的に救われます。
 
 
間違っても職場でそれなりの影響のある先輩同僚と不仲になることは避けてください。1日一緒にいる時間が長いだけに、早々に仕事場で居場所が無くなります。そうならないためにも明るく積極的にコミュニケーションを取るよう心がけましょう。
 
 
ビルメン志望で入社して来る新人の方はどちらかというと控えめな方が多いので、コミュニケーションの部分には特に気を使った方が無難です。次ページに続きます。
 
 
Sponsored Links




 
 

こんな記事もあります。

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて3内定から勤務日までの準備と心構えについて3

    ビルメンになる上でコミュニケーション能力がいかに大切かを前頁で述べましたが、今回は具体的に身につけておいた方が知識やスキルについて記述しようと思います。まずは、基本中の基 […]

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて1内定から勤務日までの準備と心構えについて1
    精神的にもキツく困難な就職活動を勝ち抜き内定を貰っても浮かれてばかりいてはいけません。ビルメン業界は入ることは他の業界よりもハードルは低いかもしれません。中高年の未経験者でも […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • ビルメン業界の最近の傾向についてビルメン業界の最近の傾向について
    ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由か […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]

内定から勤務日までの準備と心構えについて1

LINEで送る
Pocket

N112_honwoyomudansei500-thumb-750x500-2053
精神的にもキツく困難な就職活動を勝ち抜き内定を貰っても浮かれてばかりいてはいけません。ビルメン業界は入ることは他の業界よりもハードルは低いかもしれません。中高年の未経験者でもやる気を見せ、資格を持っていれば就職することも可能な業界です。
 
 
Sponsored Links




 
 
 
「入るは易し、続けるは難し」
 
しかし、ビルメン業界に入って来る新人の方々が勘違いしがちなのはネットの情報を鵜呑みにして、ビルメンの仕事は楽でまったり勤務する事ができると思っている方が非常に多いという事です。
 
 
ずばり真実を言ってしまうとビルメン業界は「入るは易し、続けるは難し」という業界です。折角就職が決まり、勤務を開始しても「想像してた仕事と違う。」「全然まったりできない。」「精神的にキツイ。」と言って短期で辞めてしまう人が多く、人の入れ替わりが非常に激しい業界でもあるのです。
 
 
なぜ短期で辞めてしまうのか?
 
まず、すぐに辞めてしまう人はネットの印象を持って、お気楽な心構えで入ってきてしまうことです。給料を貰うだけの仕事をする訳ですから、甘い仕事などありません。
 
 
小規模な施設ならまだしも、大規模な施設に配属された場合では、何階のどこにどんな部屋があって、その部屋にはどんな設備があるか?を覚えるだけで大変なプレッシャーがかかります。25階建ての各階同じような作りのビルの何階のどの部屋にどの設備があるのかを覚えることを想像してください。
 
 
Sponsored Links




 
 
 
加えてその部屋の設備はどのような役割を果たしてどのような構造になっているのかも覚えなくてはなりません。このような膨大な情報量を入社早々覚えていかなくてはならないのです。とてもお気楽な気持ちで臨める状況ではありません。
 
 
入社から1ヶ月経ち、ロクにビルのどこの何があるなど基本的な知識も学ぶことなく、設備についても学んでいないとなると、同僚の態度は当然冷たくなってきます。
 
 
2ヶ月経っても成長の跡がないようだと同僚から軽蔑されます。3ヶ月目まで続くともはや会社に居場所がなくなってしまい、辞めるしかないような状況に追い込まれてしまいます。
 
 
3ヶ月待ってくれる現場はまだ良い現場かもしれません。現場によっては1ヶ月目で仕事に戸惑っているようだと居づらくなってしまう厳しい現場もあります。私は気のいい新人が短期で辞めて行ってしまう状況に何度も遭遇しています。
 
 
 
入社間もない厳しい期間を乗り越えるためには?
 
このように「会社に居づらくなってしまう状況。」は他業種でも往々にしてあるでしょうが、他業種からの転職した私が思うに、ビルメン業界は中高年ほど職人気質が強い人が多いということもあり顕著なように思えます。
 
 
それはネットのビルメンに関する情報が余計な予断を与えてしまっているのではないからでしょう。数年前までならネットで見られるような現場も多数あったかもしれません。しかし、現在のビルメン業界の状況ではそのような現場は非常に少ない、もしくは皆無と言えるのではないでしょうか。
 
 
入社してもすぐに辞めてしまわないためにはネットでのビルメンのイメージは捨ててください。中高年からでも転職可能な有難い業界ではありますが、決して甘くはなく、どちらかというと入社してからの難易度で言えば、厳しい業界だということを肝に銘じてください。次ページに続きます。
 
 
Sponsored Links




 
 

こんな記事もあります。

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて3内定から勤務日までの準備と心構えについて3

    ビルメンになる上でコミュニケーション能力がいかに大切かを前頁で述べましたが、今回は具体的に身につけておいた方が知識やスキルについて記述しようと思います。まずは、基本中の基 […]

  • 内定から勤務日までの準備と心構えについて2内定から勤務日までの準備と心構えについて2
    それでは、勤務が始まって入社間もない右も左もわからないキツイ時期を乗り越えるにはどうしたら良いのでしょうか?職場がキツク感じる理由は主に「仕事がわからないこと」と仕事ができな […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • ビルメン業界の最近の傾向についてビルメン業界の最近の傾向について
    ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由か […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]