ビルメン業界の最近の傾向について

LINEで送る
Pocket

PAK86_dekirubizhuu20131223500-thumb-600x900-4266
ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由からそう言われていました。
 
 
 
しかし設備管理に関しては照明一つとってもLEDが普及したことで、ビルメンの代表的な業務である管球交換の頻度は激減しました。ボイラーであってもボイラー技士の資格のいらない簡易ボイラーが主流となり、地域冷暖房の利用により冷凍機もボイラーもない現場も増え続けています。
 
 
Sponsored Links




 
 
設備管理の手間が省けるメンテナンスフリーのビルが増え続け、どうも最近ビルメンの将来の雲行きが怪しくなってきたと言えるかもしれません。常駐はする現場も減り、ビルメンの仕事は各ビルを回って巡回するスタイルがこれから増えるでしょう。
 
 
 
オーナーの立場から言えば、できるだけ人件費、設備に関する出費は抑制したいと思うのは当然であり、昨今の傾向は仕方の無い事かもしれません。
 
 
 
系列で進むリストラ
 
このような流れを受けて系列の現場では、独立系の下請けを使い人件費を節約する傾向が増えています。系列で独自に雇うよりも人件費の安い独立系の下請けを使う方が経費節減になるために、系列会社は独立系に仕事をまかせることが多くなってきています。
 
 
折角がんばって優良系列会社に入社することができ、定年まで安心して働けると思ったのも束の間、独立系の下請けに現場を任せるために、人員が過剰となり、リストラの対象となってしまうというような事も今では多くなっています。私が以前勤務していた現場も正にこの状況です。
 
 
Sponsored Links




 
 
 
独立系に入社してみたら予想外の事態に
 
これから独立系ビルメンになりたいと思っている方は一つ注意することがあります。上記のように現在では系列系の会社が独立系の下請けに現場を任せることが多くなっています。
 
 
ネットの評判を当てにして「ビルメンになってゆったり勤務。」と思い独立系の会社に入社し、いざ勤務が始まってみると系列系の下請け現場である確率が現在ではかなり高いです。
 
 
系列系の現場は大手会社の子会社であるために、独立系の現場に比べるとかなり現場の雰囲気もピリッとしていて、仕事も多く厳しい現場が多い傾向にあります。
 
 
系列系の現場はのんびり緩んだ気持ちではとても勤まる現場ではありません。仕事の内容は主に事務仕事になるので、思い描いていたビルメンの業務内容とは全く違うことでしょう。就職が決まり、求人にあった勤務先で働き始めても、すぐに系列系の現場に異動などはよくあることです。
 
 
ビルメン求人の応募にあたり事務系の仕事をすることも覚悟の上、ビルメンのネットの評判などは当てにすることなく、どんな現場であっても、初日から全力投球で勤務することをおすすめします。
 
 
「自分は系列系の仕事は勤まりそうにない。」という場合は就職希望の会社のホームページの取引先の会社に系列系の会社が無いかチェックし、系列系の会社がある会社は下請けの仕事があるので避けましょう。
 
 
いずれにしてもビルメン業界は以前のイメージである「給料は安いが定年までゆったり勤務することができる仕事。」という様相とはかなり変化していると言えそうです。
 
 
Sponsored Links




 
 

こんな記事もあります。

  • ビルメンの職種はサービス業だという意味ビルメンの職種はサービス業だという意味 これからビルメン業界に就職をしたいという多くの方が「ビルメンメンテナンス・設備管理」という仕事がどのような業務内容なのかという事を勘違いしているケースが非常に多いようなので、その […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]
  • 独立系と系列系の違いについて独立系と系列系の違いについて
     
     
    ネットの掲示板などでよく「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」などという言葉を目にするでことでしょう。この「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」と […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2 多機能ツール
    多機能ツールは十徳ナイフ的な道具ですね。ポケットに入れてちょっとしたネジを回したい、ちょっとしたものを切りたいという時に持っているとべんりです。本格的な作業時は備 […]

勤務時持っていた方がいい道具とは?3

LINEで送る
Pocket

bousai_kaichudentou
小型懐中電灯
小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便利です。

巡回時に薄暗い機械室を点検する時にも必要であり、天井裏を除くにも必要です。

ライトは落下により故障したり紛失してしまうこともあるので数百円の小型で安いものを用意しておけば十分です。

手帳
手帳はどの仕事でもそうですが、ビルメンに取っても大切な小物です。特にビルメンの仕事に就職直後は覚えることも非常に多いので、常に手帳を用意し、覚える個所はメモを取り、機械操作のボタンや位置関係などはスマホで写真を撮り、メモと合わせて見返すと覚えやすいです。

メモだけだと何についてメモだったのか、わかりにくくなるので写真も撮っておくと便利です。後に画像編集して文字や図形を入れてもいいですね。現場に寄っては非常に複雑な作業をさせられるので、メモを取らずに覚えることはかなりの難易度なので、ボケっと聞くだけでなく、必ず後から見返しても理解できるようなわかりやすいメモを取りましょう。

作業の手順だけでなく、朝や夕方のミーティングの内容もメモは忘れず取り、どんな工事をするか?これから工事の予定は?メンテナンスの協力会社はいつくるのかなど、わかりやすくメモを取っておくと作業時まごつくこともなく業務を遂行することができます。

こんな記事もあります。

  • 勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2勤務時用意しておいた方がいい道具とは?2 多機能ツール
    多機能ツールは十徳ナイフ的な道具ですね。ポケットに入れてちょっとしたネジを回したい、ちょっとしたものを切りたいという時に持っているとべんりです。本格的な作業時は備 […]
  • 勤務時用意しておいた方がいい道具とは?1勤務時用意しておいた方がいい道具とは?1

    ビルメンの仕事(特に独立系)は巡回や点検・修繕で館内を回っていることが多いです。

    そんな作業時にあった方がいい道具、必要な小道具などがあります。これらの道具が無いと […]

  • 独立系と系列系の違いについて独立系と系列系の違いについて
     
     
    ネットの掲示板などでよく「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」などという言葉を目にするでことでしょう。この「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」と […]
  • ビルメンの職種はサービス業だという意味ビルメンの職種はサービス業だという意味 これからビルメン業界に就職をしたいという多くの方が「ビルメンメンテナンス・設備管理」という仕事がどのような業務内容なのかという事を勘違いしているケースが非常に多いようなので、その […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]
  • ビルメン業界の最近の傾向についてビルメン業界の最近の傾向について
    ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由か […]