カテゴリー別アーカイブ: ビルメンの仕事内容2

ビルメンとはどんな仕事内容なのか?2

LINEで送る
Pocket

job_koumuten
「修繕」
「修繕」で代表的な作業は照明の電球が切れた時などの「管球交換」です。大規模な現場は照明の数も多いので管球交換の頻度が高くなります。

 

そのため、電球が切れていなくても一定の期間使用した後はすべての電球を交換してしまうなど、日々の作業の負担を軽減するなどの方法も採られます。

LED照明の導入

しかし、管球交換はLED照明の導入により交換頻度は低くなる傾向があるのでビルメンの業務内容に占めるウエイトは低くなりました。

 

他にはコンセントの接触不良がある場合はコンセント部分の交換や、敷石がグラつくなどの報告があれば敷石にパテやパッキンを詰めてグラつきを改善する1次対応をし、敷石補修の業者に修理を依頼します。

 

 

トイレの詰まりへの対応
goods_rubbercup
トイレの詰まりの対応もします。トイレが詰まった場合、ラバーカップ(学校に置いてあったスッポンのことです。)や、ラバーカップよりも強力な真空ポンプと呼ばれる道具を使い詰まりの改善に当たりますが、服に汚れが飛び散ったり、モロにモノがあったりするので潔癖症の人にはキツイ作業かもしれません。

 

他には漏水の対応があります。老朽化した建築物や大規模なビルは多くの場合漏水が起こります。漏水を修理するためには大がかりな改修工事が必要になるので中々修理することも難しいので漏水の度に対応することになります。

 

漏水すると漏水警報が発報してしまうので漏水個所にバケツや布・吸水マットを設置するなどします。

 

 

「清掃」
清掃を専門に請け負うビルメンテナンス会社は当サイトで取り扱う設備管理系のビルメン異なりますが、多くの独立系の企業は設備管理も清掃も請け負う事が多いです。

 

しかし、設備管理系のビルメンが本格的な清掃作業をすることは多くはありません。清掃は清掃の専門ビルメン業者か清掃専門の作業員がを行います。(簡単な清掃作業をする現場、小規模な現場では兼務することはあります。)