カテゴリー別アーカイブ: ビルメンの職業訓練

ビルメンになるための職業訓練の内容は?

LINEで送る
Pocket

a1180_012514

いざ「ビルメンの仕事をしたい!」と思い、求人誌やインターネットの求人サイトを見回しても、どうしても困ることがあります。

それは何かというと募集内容の応募資格に「実務経験者」と書かれていることです。

未経験者がこれからビルメンになろうとしても、未経験者を雇用したい企業は非常に少ないのです。

ビルメンの職業訓練

未経験者歓迎の数少ない募集は未経験者が殺到し、競争率も高くなります。昨今のビルメンブームに加えて未経験者が数多く応募する求人募集は、採用への門は大変狭くなっています。

 

その困難な状況を打開する手段の一つはビルメンの職業訓練を受け、ハローワークから職業訓練修了者専門に紹介される求人に募集するという手段です。

 

職業訓練修了者のみを対象にしていて、一般には公開されていない非公開求人なので、競争率は自ずと下がります。

 

競争率は下がり、未経験者を対象としているので、ビルメンになりたい未経験者にとっては有難い救済となります。

 

基金訓練の受講方法

雇用保険受給対象になられる方は公共職業訓練、雇用保険受給対象にならない無職や自営業の方は求職者支援訓練になります。

 

私が職業訓練を受けた時は自営業だったので、求職者支援訓練の前の制度で、2011年に廃止された基金訓練(日本の緊急人材育成・就職支援基金による職業訓練)を受講しました。

 

訓練内容自体は公共職業訓練、求職者支援訓練でも大きく変化はないようなので参考になると思います。

 

ビルメンの職業訓練申込

職業訓練の受講申し込みはハローワークの窓口で相談します。ハローワークの入り口付近に職業訓練のコース案内や申し込み方など、詳しく書かれた冊子が用意されているので職業訓練を取り扱う窓口で、訓練を受講したい旨を伝えましょう。

 

手続き方法や必要書類を説明されるので、書類に必要事項を記入の上提出します。

 

職業訓練にも人気のある講義には人が集まり競争率も高くなるので応募が遅いと訓練を受講できない事もあります。

 

申し込んだコースの訓練学校で面接を受け、面接通過をした者が職業訓練を受けることができます。

 

失業手当を受けられない雇用保険に入っていない求職者支援制度を利用する方は、一定の所得以下の場合、月10万円(妻帯者は12万円)の給付金を受け取る事ができます。

 

求職者支援制度による給付金を受ける条件は以下のような条件があります。

本人収入が月8万円以下の方
世帯(※1)全体の収入が月25万円以下(年300万円以下)の方
世帯(※1)全体の金融資産が300万円以下の方
現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない方

各地方のハローワークによって条件が異なるので詳しくは窓口で相談しましょう。

 

 

ビルメンの職業訓練内容

まずクラスメイトの年齢層は、私の場合は数年前なので高齢者の方が非常に多かったです。20代はおらず、30代が3人、40代が5人、50代が5人という感じでした。

 

ビルメンが今ほど知名度が無い時だったので、やはり年配の人が多かったですね。今なら20代30代が中心になるのではないでしょうか。

 

まずはパソコン講座

ビルメンの職業訓練は3か月のコースで、数週間単位で勉強する内容が変わっていきます。初めはパソコン講座から始まりました。

 

今思うと確かにパソコンのスキルはビルメンには欠かせませんね。ワードとエクセルの基本操作はできないと勤務に支障がでます。

 

講義内容は2週間程度でローテーション

訓練は1つの講義内容を2週間ほど続けます。初めはパソコン講座から始まり、パソコン講座が2週間で終わると、次の講義であるビル管理に関する講義が2週間始まると言った具合です。

ローテーションとしては

パソコン講座→ビル管理に関する講義→

危険物に関する講義→消防設備に関する講義→

電気工事士に関する座学→電気工事士に関する実技講習

という内容で3か月過ごし、訓練修了となりました。

 

職業訓練終了後の手続き

職業訓練を修了後にハローワークの窓口に訓練修了の旨を伝えると、一般には公開されていない職業訓練修了者向けの求人を紹介して貰えます。

 

職業訓練の講師の伝手で求人を紹介してくれることもありますので、時間的に余裕がある、就職活動がうまくいかない時などは通うことも選択肢に入ると思います。

 

職業訓練を受けた私が言うのも何ですが、4点を揃えてどこでもいいので実務経験を積むのがやはり一番かなと思います。

 

4点を取得する間に職歴が空欄になることを避ける意味で職業訓練を利用するのは有効な手段かと思います。

 

「就職活動は職業訓練を終えてから、4点セットを揃えてからにしよう。」では本末転倒な気がします。まずは訓練・資格より就職することを優先なのは言うまでもありません。

 

就職できるなら資格0で就職し、就職後に資格を揃えればいいのです。

 

訓練学校に通っても、いくら資格を揃えても実務経験に勝るものはないのではないかというのが、ビルメン就職活動を通しての私の感想です。

 




 

こんな記事もあります。

  • ビルメンの仕事内容はどんなものか?ビルメンの仕事内容はどんなものか? ビルメンの仕事は建築物管理ということは「ビルメンとは?」のページで記述した通り、「巡回・点検・修繕・清掃」です。

    「巡回」
    ビルメンの最も基本的な仕事が巡回です。ビルメン […]

  • ビルメン4点セットとは?ビルメン4点セットとは? ネットのビルメン関連の掲示板の書き込みを見ていると頻繁に「4点」という言葉が見られます。この「4点」とは何を指すかというと設備管理に関する資格である「危険物乙種4類」「二種電気工 […]
  • ビルメンとはどんな仕事内容なのか?2ビルメンとはどんな仕事内容なのか?2
    「修繕」
    「修繕」で代表的な作業は照明の電球が切れた時などの「管球交換」です。大規模な現場は照明の数も多いので管球交換の頻度が高くなります。

     

    その […]

  • ビルメンの年収・給料はどの程度なのか?ビルメンの年収・給料はどの程度なのか? ビルメンと言えば「給料が安い」イメージがありまが、実際の年収・給料はどの程度なのでしょうか?私が勤務している会社は独立系ですが、独立系の中でも給与の高い部類です。基本給23万+残 […]
  • ビルメンとは?ビルメンとは? ビルメンとは建築物管理の英語であるビルディングメンテナンス(Building […]
  • 病院に異動が決まったようです。病院に異動が決まったようです。
    最近うちの会社で新たな現場を取ったようで、その現場に新たなメンバーを送り込むそうで、なんと私がその中に入ったようです。

     
     
     
    […]