カテゴリー別アーカイブ: ビルメンにとって大切な事

ビルメンになるため重要な事

LINEで送る
Pocket

tonkachiビルメンになるために重要な要素とは何でしょうか?4点セットなどの資格か?手先の器用さか、それとも体を動かすので体力なのか。実務経験はあった方が当然いいでしょうが、その他にビルメンに必要な事とは何でしょう。

 




 
ビルメンに求められるコミュニケーション能力

ビルメンの仕事を続けていく上で、意外に重要な事がコミュニケーション能力です。「なんだ、そんなことか。コミュ力はどんな仕事でも大切だろう。」と思う方が多いと思います。

しかし、ビルメンの現場は他の仕事とは少しというか、かなり特殊な環境だったりします。

どう特殊かと言うと、独立系ビルメンは特にその傾向が強いのですが、ビルメンは巡回、点検のルーティン作業以外は何か故障・トラブルが起きなければ「待機」してる時間が多いのです。

 

待機時間をどう過ごすか?

「待機」は文字通り何もしない時間、職場によっては資格の勉強をしていてもいい時間です。勉強することのできる職場はまだいいのですが、「仕事中に勉強なんかするな。」という職場の方が多いでしょう。

この待機時間は基本的に雑談タイムです。(所長が近くにいる場合などは黙っていますが。)巡回、点検に行く時も誰かと一緒に行きますが、まだ作業があるのでマシです。

待機時間は正に何もしない時間なので、同僚とのトークで時間を潰さなくてはなりません。

しかし、ビルメン希望で入ってくる方はどちらかというと、というか高確率であまりお喋りが得意そうでない、控え目な方が来られます。

ネットでの評判で、ビルメン希望のそういう方が多いのです。そういう人は大抵同僚の会話の輪に入れず馴染めずに、早い場合は数日、数週間で辞めて行ってしまいます。

折角苦労して資格を取ってビルメンになっても仕事が続かず、辞めてしまっては元も子もありません。

仕事を辞めてまた1から求人に募集し面接を数回受けて内定を取って仕事を始めるには、相当程度の労力が必要になりますから、辞めてしまった当人にとってはかなりの精神的な損失でしょう。

 

ネットでのイメージと現実の乖離

「ビルメンにはコミュニケーション能力が大切。」というイメージがネットでもあまり浸透していないようなのが気になります。

待機時間の長さもそうですが、テナントに入っている店舗の方などとのやりとり、オーナーとのやり取りなどビジネスマナーやコミュ力が必要な場面が現場によってはかなり多いのです。

その上年配のビルメンの方は職人気質で気難しい性格の人も多いのです。

ビルメンの仕事を続けていく上で、そういう仕事を覚える大変さの他にも色々と、困難な場面があるのです。(特に人間関係で。)

これからビルメンになろうという方は、待機時間の長さを覚悟した上で、会話のネタをいくつかあらかじめ用意する位の心構えで、初出勤を迎える位の気構えをしておいた方が良いかもしれません。

 




 

こんな記事もあります。

  • ビルメンの職種はサービス業だという意味ビルメンの職種はサービス業だという意味 これからビルメン業界に就職をしたいという多くの方が「ビルメンメンテナンス・設備管理」という仕事がどのような業務内容なのかという事を勘違いしているケースが非常に多いようなので、その […]
  • ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?ビルメンは気楽でまったり仕事なのか?
     
     
    ビルメンについてネットで色々と検索しているとよく見かけるのが「ビルメンは楽だ」「まったり仕事でやることがない」「のんびり仕事でネットもできる」 […]
  • ビルメン資格の難易度ランキングとは?ビルメン資格の難易度ランキングとは?
     
     
    ビルメン・設備関連関係の資格はその数が非常に多い事で知られていますが、その設備関連の資格の難易度を格付けしたいと思います。
    設備関連関係の資 […]
  • 独立系と系列系の違いについて独立系と系列系の違いについて
     
     
    ネットの掲示板などでよく「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」などという言葉を目にするでことでしょう。この「独立系ビルメン」「系列系ビルメン」と […]
  • ビルメン業界の最近の傾向についてビルメン業界の最近の傾向について
    ビルメンと言えばかつては「定年まで働ける職業。」として有名でした。建築物は人間の生活に無くてはならない存在であり、その建築物を管理するビルメンが無くなる事などないという理由か […]
  • 勤務時持っていた方がいい道具とは?3勤務時持っていた方がいい道具とは?3
    小型懐中電灯
    小型の懐中電灯は巡回時によく使います。備品としても大抵の現場で置いてありますが、普段からポケットに入れておける小さめのサイズのライトは持っておいた方が色々と便 […]